薬事申請・デスクワークメインの物流薬剤師求人

物流薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 薬事申請・デスクワークメインの物流薬剤師求人

薬事申請・デスクワークメインの物流薬剤師求人

最近では物流センターや倉庫内で働く薬剤師も一昔に比べると多くなっています。薬事法が改正されたことに伴い、物流業者が医薬品や化粧品などの保管業務に進出するようになったことがその理由にあります。

物流センターで働く物流薬剤師の主な業務内容は、ドラックストアや調剤薬局などで取り扱う医薬品類の在庫管理になります。そのため、センター内で働くものの、ほかの部署などとは独立している業務内容です。薬剤師の調剤作業や薬歴管理などの技術的な面を生かすことは殆どなく、薬剤師免許が必要になる職場です。

一つの物流センターや倉庫内で勤務している薬剤師の人数は決して多くはないので、物流薬剤師の業務は多岐にわたります。品質管理や在庫管理などもありますが、薬事申請に必要な書類作成や確認などを行うデスクワークが多い職場もあります。また職場によっては、DI業務と呼ばれているドラックインフォーメンションなどに対応するために、情報収集などを行うデスクワークもあります。取引先や倉庫内での教育指導のために必要な資料作成なども業務に含まれる場合があります。そのためには管理薬剤師であることが必要なので、物流薬剤師として勤務することを考えているのであれば、病院や調剤薬局などで一定期間の経験を積む必要があります。

物流薬剤師に関する求人情報は、それぞれの企業が独自に行っている場合もあります。企業の規模などにより収入や手当などは優遇されることもあります。またそれまでの薬剤師としての経験などにより優遇する企業もあります。年収約400万円から600万円程度が、管理薬剤師として物流センターなどで勤務する薬剤師の平均年収になっています。業務時間は決まっているので、残業になることもありませんし休日や有給休暇なども取りやすい環境です。ほとんどの場合、物流センターや倉庫は郊外にあることが多いため、車通勤になる傾向にあります。

病院や調剤薬局などでは直接患者さんと関わりをもち仕事をできますが、物流薬剤師の場合は倉庫内での作業が多いので、やりがいを持つのが難しいと感じる薬剤師もいるかもしれません。しかし、管理薬剤師に任される業務内容も多岐にわたり、ある程度自分のペースで仕事をすることができます。また薬事申請などをはじめ、様々な在庫管理や製品管理をする薬剤師がいなければ、薬局やドラックストアで必要とされる医薬品や化粧品を常時供給することができません。物の流れの全体を見ると、一層多くの患者さんやお客さんと関われる職場でもあり、やりがいを持つことができます。

物流関係の求人案件も豊富【人気エージェントランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014−2017 物流薬剤師の求人サイト【※物流センターへの転職なら!】 All Rights Reserved.